ウォーキング・デッド「シーズン9/第2話レビュー」

ウォーキング・デッド「シーズン9/第2話レビュー」

ウォーキング・デッドは細かいやり取りが楽しい

Huluの海外ドラマおすすめはこちら

ウォーキング・デッド9の第2話ですが先週マギー、リックが救世主のこと多少もめていたのですが、リックはマギーの意見取り入れたみたいです。

そして正規のメンバーは悪い人も残っており何かしでかそうとしてましたが、やはりの展開です。そしてみんな分け合う水分け合わなくて、任された任務おろそかになってます。水欲張ったのは大した問題ではありませんが、ダリルは救世主とのかかわりに不服でした。

そして、第1話はリックの慈愛精神にちょっとと思ったのですが、今回リックを見てれば人のあるべき姿なのかもと思ったのです。そして、大事件が勃発しましたが、ロジータが爆発させて、ウオーカーを誘導してた時笛吹2号が応答なしです。誰だ笛吹2号と思ったら、救世主のハーフアップ男でした。

イーニッドがいつの間にかセディクの助手として研修医となり、初のお仕事頑張ってます。片腕なくす羽目となるアーロンですが、この事態起こしたのが笛吹2号と知って、ダリルがとてもすごい勢いで殴りかかります。憤り抑えきれないダリルがとてもワイルドで素敵です。ダリルは怒るの無理なくて、下手すれば何人もの人が笛吹2号の性で命落としていたのです。そしてアーロン以外に被害あうのかもとドキドキするウオーカーの絡みありました。

丸太で除去されるウオーカー斬新です。あれはどう撮影したのか。ありのままならウオーカー役の人がとても痛そうです。そして、第1話でグレゴリーを処刑したマギーですが、グレゴリーにそそのかされたといっても、命狙ってきたアールは檻の中です。マギーはアール、ミショーンと話して揺れてる気持ちまとったみたいです。決定下すのは簡単ではありません。そしてまさかのハーシェルが酒乱といったことでアールは監視付きですが、折から出られることになりました。

マギーも過去は過去今どう生きるのか信じて許すことにしました。グレゴリーの死刑悔やんでないといったマギーですが、私もあれでいいと思いました。そして、先週キャロル、王のロマンスが発覚して、元オルガン奏者の大事な人を気にする案ですが、完全にガブリエルのこと気になっています。オルガン奏者はガブリエルが自分の見守るのに教会から追い出して死なせてしまたのか。

今はいい牧師のようなガブリエルですが、彼も元は糞でした。そして、ガブリエルのほうからアンにキスします。男性らしくリードしてきます。そしてこの恋愛模様はどうでもいいと思いました。キャロルもなんかちょっと進展してきて、王はキャロルに形通りのプロポーズしたくて仕方がないです。そして指輪受け取っていいかとキャロルに言われて即座にひざまづきかたひざ立てていました。

失敗しでかした笛吹2号ですが、リックに追放されてキャンプ出る結果となります。誰か知り合いのような人に出会ったのですが、パンチされたかんじで第2話が終わります。救世主のなぞの行方不明も続いていて、これはヘリが関与してるのでしょうか?シーズン8に出てくるジョージ、マギーはまだやり取りしてるみたいですが、ヘリはジョージではないみたいです。

そしてシーズン10第5話ですが、アレクサンドリアから脱走した二―ガンのもともと聖域住人のブランドンが出てきました。ニーガンをリスペクトしてるブランドンですが、ニーガンと一緒に行動したがります。一方でヒルトップは納屋、壁修理など対応に追われていて、物資、衣料品盗まれてるのに気づきました。そして、二―ガン悪役なのですが、ファンが多くて、それはダンディなルックスだけではありません。確固たる自分の信念があって、ブランドンが現れて二―ガンの魅力再認識できました。

そして、このドラマはリックが正義で、ニーガンは悪の象徴とされていますが、万人に好かれる人ではないです。ドランドンはアンチリック派であり、リックは偽善者呼ばわりして二―ガン崇拝してるのです。そして二―ガンが権威ふるっていたころブランドンは幼い子供であり、ニーガン伝説またぎきしてるからかちょいちょちずれています。そして、二―ガンといえばこれとアレクサンドリアのどこかにしまっていたレザージャケットを持ってきて有刺鉄線を巻いたバットも用意しています。

二―ガンのためというより自分がみたいための行為。奥さんにエロい下着させる旦那と変わりありません。二―ガンをリスペクトしてますが、二―がんの表面的部分にあこがれたことが命取りになりました。マイロという少年、そのお母さんに出会った2人。

二―ガンは子供が好きでマイロと話す様子ほほえましいです。私も飛行機の機内食好きではないです。二―ガンのいうビーフストロガノフの機内食は想像つくのです。そして、安住の地紹介しようとアレクサンドリアにマイロたち連れて行こうとする二―ガンですが、二―ガンに別行動命じられたブランドんが二―ガンが自分ためしてると勘違いしてマイロたちを殺してしまうのです。親たちが語り継いできた二―ガンの伝説を聞いて自分の言いよう偶像化してしまったのが原因です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です