ウォーキング・デッド「シーズン9/第16話レビュー」

ウォーキング・デッドは展開がハラハラする

ウォーキング・デッドシーズン9第16話ですが、冬きたる、何かが引き金となり状況が変わるのです。エゼキエルはヘンリーの死、王国の機能停止などたくさんの問題を抱えて何もかも投げ出したくなる模様です。キャロルと二人ひっそり暮らす計画を練っています。そしてヒルトップに向かう途中でダリルにそのことを伝えるのです。ダリルにキャロルも意見一緒かと聞かれて、お前のものは俺のもののような答えをしてたが、キャロルの気持ちはエゼキエルと違います。

2人で駆け落ちは考えてはいません。そしてエゼキエルが好きではなくて、コミュのリーダーとしての自覚足りないのです。無能な王ですが、なぜか慕ってくれていて、なのにきついこと連発で責任感がないのか?無能な王でも王国は機能していてジェリーがついてもいいのでは。王様去ってもキャロル王妃もいて、出ていきたいのであれば勝手にに出て行け。キャロルがエゼキエルに指輪返そうとして、これは離婚か?ダリルとキャロルは相変わらず深い中であり、階段でならんで座ったときの距離感がいいです。階段狭いからどうしても密着します。

そして、危機的状況でヒルトップに行きたいが、アルファが決めた境界線通らなくてはなりません。ウイスパラーズに見つかったら戦争が起きるとエゼキエルはすすむことためらいます。食糧が2日分しかない状況で、ここで何もしなくても飢え死にします。どっちにしても死ぬかもしれなければやらずに公開よりやって後悔です。そして、ウオーカーがいる。ちょっと動きおかしいのかも。これはもしかするとウイスパラーズなのではないでしょうか。かたや凍ってるウオーカーもいますが、凍らないウオーカーもいて雪の中からでてき系たウオーカーは動けます。

かまくらと一緒でしょうか?雪の中のほうが温かいからか凍らないのか?そし何か衝撃的なことが起きるのかと思ったのですが、予感どまりです。ウイスパラーズにでくわすことなくヒルトップにつきました。でも熱帯低気圧はしっかり来ています。そして、エゼキエルは無事ヒルトップついたのを喜んでますが、キャロルは浮かない顔です。このまま終わる訳はないと踏んでいて、ウイスパラーズは攻撃しないのですが王国の方たちがテリトリーに侵入したのをみました。お前強いといわれながらの枝での気合い入れ。

そして、格闘家も体気合で痛めつけますが、あれで気合入るのでしょうか。そしてシーズン9は静かに終わりましたが、シーズン10はそうそうウイスパラーズとの戦争がはじまりそうです。アレクサンドリアに全員集合。みんな一緒のとこ住んでるほうが見てるほうもややこしくなくていいです。今回ニーガンが好調であり、ルー大柴張りのダジャレを言ってました。そしてミショーンとの距離近くなったのではないか。

ミショーンとの対話で大人数のトップ張ってただけのいぶし銀が光っています。誰もが自分を悪と思ってない。リーダーだったものだけがわかる心境かもしれませ。自分の仲間守に把握にも手を染めることも。そしてシーズン10第1話ですが、今までミショーンたちはアルファの言いつけを守って暮らしていました。毎日にぎもにだくあー論に対してミショーンがみんなの命守るにはいい人も悪い人も関係がないと諭してます。

ミショーンには守る出来大事な存在、ジュディスなどがいますが、アーロンは彼氏をなくしてたりして、すると守りに入るより報復に気持ちが行くのはわかります。そうしたときに落ちてた人工衛星ですが管理する人もいなくて、いつか落ちてきたかもしれません。そして、途中ウオーカーの群も押し寄せて夜通しの鎮火作業になりましたが、ここでウイスパラーズたちは現れないのか。キャロルがきったウオーカーの血の出方が尋常ではなくて、あれはウイスパラーズだと思いました。

そしてキャロルといえば、息子なくしてぽっち決め込んで航海に出たのです。キャロルは何かると放浪する癖があって、一人になって一回すべてリセットしたい心境なのでしょうか。戻ってきたのかと思えばまた航海に出るといったことです。海賊王になるとも言ってなくて、ダリル道連れにして。ダリル、キャロルの親密度はなれてる間強固なものになったきがしました。そして、ダリルは海賊王になるなとキャロルを止めるのです。キャロルを親友といって、親友は子供みたいな表現だと大人女子発言をするキャロル。ここまでキャロルに言われてるのですからダリルも気づいてるはず。

二人で海賊になるの拒否しましたが、二人っきりでニューメキシコに行こうといいました。この状況でこの言葉、親友としか思ってない女性にはいわないかもしれません。ダリルが手話学習してるのを見て、コニーに気持ちむき出しになってるのかと思ったのですが、ダリルはキャロルなのでしょう。キャロルも王でいいかと血迷ったのですが、ダリルなのでしょう。そして、最後やはりの展開で境界線を越えたと思ってしまいました。

ウォーキング・デッド「シーズン9/第2話レビュー」

ウォーキング・デッドは細かいやり取りが楽しい

Huluの海外ドラマおすすめはこちら

ウォーキング・デッド9の第2話ですが先週マギー、リックが救世主のこと多少もめていたのですが、リックはマギーの意見取り入れたみたいです。

そして正規のメンバーは悪い人も残っており何かしでかそうとしてましたが、やはりの展開です。そしてみんな分け合う水分け合わなくて、任された任務おろそかになってます。水欲張ったのは大した問題ではありませんが、ダリルは救世主とのかかわりに不服でした。

そして、第1話はリックの慈愛精神にちょっとと思ったのですが、今回リックを見てれば人のあるべき姿なのかもと思ったのです。そして、大事件が勃発しましたが、ロジータが爆発させて、ウオーカーを誘導してた時笛吹2号が応答なしです。誰だ笛吹2号と思ったら、救世主のハーフアップ男でした。

イーニッドがいつの間にかセディクの助手として研修医となり、初のお仕事頑張ってます。片腕なくす羽目となるアーロンですが、この事態起こしたのが笛吹2号と知って、ダリルがとてもすごい勢いで殴りかかります。憤り抑えきれないダリルがとてもワイルドで素敵です。ダリルは怒るの無理なくて、下手すれば何人もの人が笛吹2号の性で命落としていたのです。そしてアーロン以外に被害あうのかもとドキドキするウオーカーの絡みありました。

丸太で除去されるウオーカー斬新です。あれはどう撮影したのか。ありのままならウオーカー役の人がとても痛そうです。そして、第1話でグレゴリーを処刑したマギーですが、グレゴリーにそそのかされたといっても、命狙ってきたアールは檻の中です。マギーはアール、ミショーンと話して揺れてる気持ちまとったみたいです。決定下すのは簡単ではありません。そしてまさかのハーシェルが酒乱といったことでアールは監視付きですが、折から出られることになりました。

マギーも過去は過去今どう生きるのか信じて許すことにしました。グレゴリーの死刑悔やんでないといったマギーですが、私もあれでいいと思いました。そして、先週キャロル、王のロマンスが発覚して、元オルガン奏者の大事な人を気にする案ですが、完全にガブリエルのこと気になっています。オルガン奏者はガブリエルが自分の見守るのに教会から追い出して死なせてしまたのか。

今はいい牧師のようなガブリエルですが、彼も元は糞でした。そして、ガブリエルのほうからアンにキスします。男性らしくリードしてきます。そしてこの恋愛模様はどうでもいいと思いました。キャロルもなんかちょっと進展してきて、王はキャロルに形通りのプロポーズしたくて仕方がないです。そして指輪受け取っていいかとキャロルに言われて即座にひざまづきかたひざ立てていました。

失敗しでかした笛吹2号ですが、リックに追放されてキャンプ出る結果となります。誰か知り合いのような人に出会ったのですが、パンチされたかんじで第2話が終わります。救世主のなぞの行方不明も続いていて、これはヘリが関与してるのでしょうか?シーズン8に出てくるジョージ、マギーはまだやり取りしてるみたいですが、ヘリはジョージではないみたいです。

そしてシーズン10第5話ですが、アレクサンドリアから脱走した二―ガンのもともと聖域住人のブランドンが出てきました。ニーガンをリスペクトしてるブランドンですが、ニーガンと一緒に行動したがります。一方でヒルトップは納屋、壁修理など対応に追われていて、物資、衣料品盗まれてるのに気づきました。そして、二―ガン悪役なのですが、ファンが多くて、それはダンディなルックスだけではありません。確固たる自分の信念があって、ブランドンが現れて二―ガンの魅力再認識できました。

そして、このドラマはリックが正義で、ニーガンは悪の象徴とされていますが、万人に好かれる人ではないです。ドランドンはアンチリック派であり、リックは偽善者呼ばわりして二―ガン崇拝してるのです。そして二―ガンが権威ふるっていたころブランドンは幼い子供であり、ニーガン伝説またぎきしてるからかちょいちょちずれています。そして、二―ガンといえばこれとアレクサンドリアのどこかにしまっていたレザージャケットを持ってきて有刺鉄線を巻いたバットも用意しています。

二―ガンのためというより自分がみたいための行為。奥さんにエロい下着させる旦那と変わりありません。二―ガンをリスペクトしてますが、二―がんの表面的部分にあこがれたことが命取りになりました。マイロという少年、そのお母さんに出会った2人。

二―ガンは子供が好きでマイロと話す様子ほほえましいです。私も飛行機の機内食好きではないです。二―ガンのいうビーフストロガノフの機内食は想像つくのです。そして、安住の地紹介しようとアレクサンドリアにマイロたち連れて行こうとする二―ガンですが、二―ガンに別行動命じられたブランドんが二―ガンが自分ためしてると勘違いしてマイロたちを殺してしまうのです。親たちが語り継いできた二―ガンの伝説を聞いて自分の言いよう偶像化してしまったのが原因です。

ウォーキング・デッド「シーズン9/第7話レビュー」

ウォーキング・デッド「シーズン9/第7話レビュー」

ウォーキング・デッドで意外な展開が待ち受ける

ウォーキング・デッドシーズン9第7話ですが、7話だとやろるがダリル尋ねていくシーンがありました。久々に会うような様子で、どうして訪ねて行ったのかと思えば旦那が王様の補佐です。キャロルは自分の旦那理想かといっています。そして、エゼキエルはいつも危機感がありません。そして旦那頼りなさ支えるのはキャロルもできて、側近ジェリーも可能なのです。

そして、待望のシーンが見られました。ダリルの菅野家キャロルがカットします。あの距離感。ダリルの髪の毛無造作に切れの悪いナイフでそいだ時のダリルの痛そうにする表情。ダリルの髪くしゃくしゃっとするキャロル。もうたまりません。欲を言えばダリルの髪もうちょっと切ってもらいたいです。そしてキャロルのくせ毛で広がりやすくて、ショートがスタイリングしやすいです。

小顔ですが、あの広がりロングでぼさっと見えるのは勿体ありません。ヘンリーがママはダリルを親友といってたのよなことを言ってました。そして親友、ベストフレンドは良くないでしょうか。恋に終わりきますが、男女関係なく人として好きといったことは永遠に一緒にいられるのです。離れててもお互い気にかけて一緒にいなくてもお互いの幸せ願ってるのは超越度が半端ありません。

そして男女の関係は夫婦でももろいです。ベストフレンドであってもらいたいが、ダリルがキャロルを女性として扱うところみてみたいです。そしてダリルの相棒の犬の名前ドッグというのも爆笑です。ダリルらしいワイルドなネーミングでした。リックの死体がないことでリック探してるみたいで、犬死にたのでしょうか?

そして、ヒルトップにマギーはいなくて、ジョージ―のところにいるのか。みんな知ってるのにミショーンだけ知りません。そしてどうでもいいのですが、キャラたちの武器、リックは斧、ニーガンはルシール、ミショーンは刀など、その使い方も鮮やかかです。前回のシャベルウオーカーが最強のウイスパラーか?彼らの正体はネットで出てるみたいですが、ネタバレになるみたいで私は見なかったです。そしてウイスパラーというウオーカーより怖い存在が出てきて、噂で聞いてましたがとうとう出てきたのです。もしかするとユージーンが行方不明なのはウイスパラーに拉致されてるのか。

ユージーンは使えて、ニーガンの時のように何かウイスパラーに奉仕してるのかもしれません。そして、マギーもシーズン9で降板といった話ありますが、ヒルトップにいない設定にもなっていたことなのでしょうか?降板するならリックのようにしっかりお別れしてもらいたいです。マギーほどの重要人物で、しっかり扱ってくれます。

そしてロジータは命からがらしゃべるウオーカーから逃げていて、ユージーン行方不明です。そして気になったのはダリルのxの傷ですが、ミショーンにもあって、どうしてあのようにうつすのか何かあったのでしょう。そして、シーズン9第8話ですが、ロジータは命からがら戻りヒルトップで手当てを受けるのです。目を覚ましたロジータですが、ユージーンを探せるのは自分しかないといってたのですが、ユ-ジーンは無事でしょうか。ダリル、ジーザス、アーロンの最強3人が言ったので、無事ユージーンを救って帰ってくるとヒルトップのメンバーも思っていたのでしょう。

そしてロジータいかなくてもユージーンはダリルの相棒、ドッグのおかげで救出しました。安心してる3人にユージーンがシャベルウオーカーのことを話します。そして、シャベルウオーカーはいったい何か。9年間無口のウオーカーが話すようになったのは天才的頭脳のユージーンの見解だと進化したから話せるようになったということです。そしてユージーンはいつものウオーカーではない早く逃げようといいますが、3人は大丈夫あっちに行ったとのんびりした様子でした。

そう言ってた矢先外にウーカーの群れが忍び寄ります。怪我してるユ-ジーンを支えながらジーザス、アーロンが自分たちの乗ってた馬のもとに行くのです。ダリルはウオーカー引き留める作戦で、いつもであれば音のする法、つよい光あるほうに行くウオカーですが、この方法が通用しません。

そして、切っても切っても現れるウーカーですが、ピンチなところにミショーンと新メンバーのマグナとユミコが着て門を開けます。何気に新メンバーは使えそうな感じです。ごはんありつくためのようなこと言ってますが、面識がないユージーン、アーロンなどのために危険犯してウオーカーと戦えないでしょう。普通は。

そして、ウオカーが避けた。さらにお前たちの来るところではないといいながら避けた後ジーザスを指しました。まさかのジーザス死亡です。アーロンとても悲しんでいました。そしてゲイ同士できてました。お揃いでもひげもボーボーに伸ばしていて、アーロンの彼氏は前も死んでいてアーロンの彼氏になると死期が近づくのかもしれません。今後書きになります。